大分県大分市

大分県大分市を、ご存知ですか?

詳しく知らないんで、調べてみました。

大分市は、九州東部にある大分県の中部に位置する市ですよ。大分県の県庁所在地で、中核市に指定されていますよ。

大分市は大分県内で2番目に人口が多い別府市を大きく引き離し県下最大の人口を擁していますよ。人口は、九州で福岡市、北九州市、熊本市、鹿児島市に次ぐ第5位で、東九州では鹿児島市に次ぐ第2位ですよ。

大分市は大分県沿海部のほぼ中央に位置し、大分県内の人口の約40%が集中する首位都市であり、人口約70万人の大分都市圏の中心でもありますよ。現在の市域は、かつて大分郡及び北海部郡(明治初期までは海部郡)に属していましたよ。

大分市は高度経済成長期に、鉄鋼業、化学工業などの重化学工業の進出に伴い工業都市として急成長し、近年では電子工業の立地が進んでいますよ。

大分市は瀬戸内海の別府湾に面し、東部には南から大野川が、西部には西から大分川が流れ、瀬戸内海に注いでいますよ。

大分川及び大野川が形成した三角州及び沖積平野からなる大分平野と、その周りの丘陵とを抱え、中心市街は、大分川の河口西側に位置していますよ。

別府市との境界付近にあってニホンザルで知られる大分市の高崎山地区、及び、豊予海峡に浮かぶ高島地区は、瀬戸内海国立公園に指定されており、森林セラピー基地認定地域ですよ。

大分市は高速道路の大分自動車道及び東九州自動車道が市域をほぼ東西に貫通し、一般国道の国道10号、国道210号等と接続していますよ。

大分市内の郊外地域ではニュータウンやショッピングセンターなどの開発により、人口の増加が著しいですよ。

大分市は瀬戸内海式気候に属し、年間を通じて温暖、少雨で、平均気温は16.4℃、降水量1644.6mm(平年値)ですよ。

ただし、旧大分郡野津原町地域は障子岳、御座ヶ岳等の600〜800m級の山々が連なり、内陸部への入り口に当たるため内陸性気候に属し、平地より気温が若干低くなりますよ。

大分市の市内総生産は約1兆9千億円と、大分県の総生産の46.8%を占めていますよ。産業別に見ると、第2次産業の総生産が31.3%と、日本全体(国内総生産)での26.2%(2015年)に比べ高い比率を占めていますよ。

大分市の主要農産物(2015年(平成27年))として、水稲、にら、みつば、温州みかん、おおばが、畜産物(2015年度(平成27年度))として、牛乳、肉豚、鶏卵がありますよ。

大分市の工業としては、1964年(昭和39年)に新産業都市の指定を受け、鉄鋼、化学、石油等基礎素材産業が進出したことにより、大分臨海工業地帯を中核に工業都市へと発展しましたよ。

近年では、集積回路等の加工組立産業が進出するとともに、物流団地の整備、地域輸入促進計画のもと大分港大在コンテナターミナルが設置され、物流の拠点としても成長を続けていますよ。

2014年(平成26年)の大分市の製造品出荷額等は約3.1兆円で、全国の市町村で11位ですよ。

また、大分市ではメガソーラーの進出が進んでおり、2014年(平成26年)4月末時点の太陽光発電の発電容量(10kW以上の太陽光発電設備の合計)は130,288kWで、全国の市町村で1位となっていますよ。

大分市の製造品等(2014年(平成26年)として、石油製品、化学、鉄鋼業、非鉄金属、電子部品・デバイス・電子回路がありますよ。

大分市の商業としては、大分駅北側には、九州では珍しい駅前型の繁華街が広がっており、大型店のほか、アーケード商店街のセントポルタ中央町及びガレリア竹町がありますよ。近年、中心部の大型小売店舗が閉鎖する一方、郊外でショッピングモールが開発されていますよ。

大分市内中心部の主要商業施設として、トキハ本店、アミュプラザおおいた・豊後にわさき市場、KCA・アクロスプラザ大分駅南、トキハインダストリー若草公園店、ベスト電器大分本店、Dプラザ、フレスボ春日浦がありますよ。

大分市の郊外の主要商業施設として、トキハわさだタウン・トキハわさだ店、サンリブフリーモールわさだ(サンリブわさだ店・ハンズマンわさだ店など)、メガセンタートライアルわさだ店(旧オークス稙田寿屋ショッピングセンター)、パークプレイス大分、あけのアクロスタウンなどがありますよ。

大分市の県内人口占有率は2005年国勢調査で38.22%、2010年調査で39.62%、2012年2月1日付の大分県の人口推計で40%を突破するなど、顕著に集積が進んでいますよ。

大分市にある大学・短期大学として、大分大学(旦野原キャンパス、王子キャンパス)、大分県立看護科学大学、日本文理大学、別府大学大分キャンパス、大分県立芸術文化短期大学、大分短期大学、別府大学短期大学部がありますよ。

大分市にある文化施設として、OASISひろば21、ホルトホール大分(大分市民図書館)、アートプラザ、大分市美術館、豊の国情報ライブラリー(大分県立図書館、大分県立先哲資料館、大分県公文書館)、コンパルホール、平和市民公園能楽堂などがありますよ。

大分市にあるスポーツ関連施設として、大分市営陸上競技場、大分県立大洲総合運動公園(別大興産スタジアム(新大分球場)・大分県立総合体育館)、大分スポーツ公園(大分銀行ドーム・ストーク球場・大分スポーツクラブ・だいぎんサッカー・ラグビー場他)などがありますよ。

大分市にある歴史施設として、大分市歴史資料館、亀塚古墳公園海部古墳資料館、大友氏遺跡体験学習館、大分県立埋蔵文化財センターなどがありますよ。

大分市にある研修施設として、のつはる少年自然の家がありますよ。

大分市の最寄の空港は大分空港(大分県国東市)で、空港特急バス大分交通エアライナーが運行していますよ。

大分市の鉄道路線として、JR九州(日豊本線、豊肥本線、久大本線)がありますよ。

大分市の路線バスとして、大分バス、大分交通、亀の井バスがありますよ。

大分市の航路として、フェリーさんふらわあ、国道九四フェリーがありますよ。

大分市にある高速道路・有料道路として、大分自動車道、東九州自動車道がありますよ。

大分市の天然記念物(国指定)として、高崎山のサル生息地がありますよ。

大分市の史跡(国指定)として、大友氏遺跡、豊後国分寺跡、大分元町石仏、高瀬石仏、亀塚古墳、築山古墳、千代丸古墳、古宮古墳などがありますよ。

大分市の登録有形文化財として、大分銀行赤レンガ館がありますよ。

大分市の大分県指定史跡として、丑殿古墳、府内城跡(一部のみ指定)がありますよ。

大分市の観光として、高崎山自然動物園、大分マリーンパレス水族館うみたまごがありますよ。

大分市の祭りとして、大分七夕まつり(府内戦紙)がありますよ。

大分市出身有名人として、村山富市、内川聖一、清武弘嗣、錦野旦、南こうせつ、指原莉乃、古手川祐子、財前直見、深津絵里、藤田紀子、ユースケ・サンタマリア、他、がおられますよ。